女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

小泉孝太郎は街頭演説…ここまでする感のあるドラマのPR


・小泉孝太郎が街頭演説でドラマをPRした

俳優、小泉孝太郎(39)が16日、テレビ東京系主演ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON」(21日スタート、金曜後8・0)の舞台となる東京・杉並区でパレードを行い、同作をPRした。

区役所からJR阿佐ケ谷駅まで600メートルの車道を約20分かけてパレードした。

父は小泉純一郎元首相(75)、弟は小泉進次郎衆院議員(36)という政治家一族の小泉

気温が35度に到達する猛暑日の中、沿道には通行人らが押し寄せ、小泉らも笑顔で手を振って応えた。

・駅に到着後の会見で語られたこと

駅に到着後、続いて駅前で会見を行った。小泉はマイクを持ち「プラットフォームの皆さん、私が誰だかわかりますか? 政治家の街頭演説ではありません!!」

「1つのページにつき、1人1つはアドリブ入れてます。こんなドラマはないと思いますね。異常なほど、チームワークが結束してる」

「犯罪も事故もゼロ。視聴率だけはゼロとはいかない」と笑いを誘った。

主演作の約1年半ぶりの続編に「セカンドシーズン、自信があります」と胸を張った。

・「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」2シーズンはこんなドラマ

東大法学部出身のエリートながら究極の“KY”で窓際の部署「ゼロ係」に飛ばされてきた刑事・小早川冬彦(小泉)と、松下由樹(49)が演じる毒舌なベテラン女性刑事・寺田寅三がバディを組んで活躍する物語。

第1話では、冒頭から、冬彦が事件の第一発見者になるなど、驚きの展開で幕を開ける。

小説家・風間輝樹のデビュー作「真夏の生贄」に酷似した殺人事件が発生する。冬彦らゼロ係は、この殺人事件をどのように解決していくのか。

・真木よう子はTwitterで斬新なドラマのPR

真木よう子(34)が主演で、ファッション誌業界を舞台に、専業主婦、独身、共働き、シングルマザーなど、さまざまな立場の女性がぶつかり合いながら、幸せを探していく姿を描く。

ドラマのPRとして、「リアルタイムで観た視聴者はtwitter上でフォローする」という、驚くべき“特典”の内容を発表。

「皆様のおかげでまさかの初回二桁取れたら、このお方が脱いでくれます!!」と、同ドラマで共演する金子ノブアキが「一肌脱ぐ」可能性についても言及。

13日初回の平均視聴率が5・1%(関東地区)だったことが14日、ビデオリサーチの調べでわかった。

皆様に悲しいお知らせがあります。
#セシルのもくろみ
初回視聴率。5,1%。

・瑛太も土下座でドラマをPRした

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized