女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

満島ひかりから斉藤由貴まで!「黒柳徹子」がモデルの映画・ドラマ


◆4月から始まったテレビ朝日「昼ドラ帯枠」

『やすらぎの郷』(2017)

脚本:倉本聰
主演:石坂浩二

石坂浩二さん主演、倉本聰さんのオリジナル脚本で描くシニア世代向け作品「やすらぎの郷(さと)」。

同ドラマは、中高齢の視聴者に向け、テレビ朝日が新設する帯ドラマ枠=“シルバータイムドラマ枠”で送る作品の第1弾。

物語の舞台は、老人ホームで、そこに集うのは全盛期の映画、テレビ界を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストたち。かつての大スター集団が繰り広げる、ノスタルジー漂う人間喜劇。

お昼12時半からの放送にも関わらず、高視聴率を記録している『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)。4月3日の初回の視聴率は8.7%、その後も6%以上を推移していて、同時間帯でトップを走っている。

◆10月からは黒柳徹子がモデルの『トットちゃん!』を放送

黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』(1981)

単行本、文庫、絵本の累計 は800万部。35カ国以上で愛読されている。

テレビ朝日系の10月期昼ドラ枠で黒柳徹子の半生を描く「トットちゃん!」の放送が決定。

今回は、戦後最大のベストセラーであり、これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』(講談社刊)の時代からもエピソードを抜粋。

テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、これまで一切語られることがなく、このドラマではじめて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生に迫っていく。

◆徹子の両親役には松下奈緒&山本耕史

黒柳の両親を松下奈緒と山本耕史、幼少期の黒柳をNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013)で注目を浴びた名子役・豊島花が演じる。

このほか、黒柳さんの人生に影響を与えた“トモエ学園”の校長・小林宗作を竹中直人さんが演じ、高田純次さん、八木亜希子さん、佐藤B作さん、古村比呂さん、小澤征悦さん、高岡早紀さん、凰稀かなめさん、黒坂真美さんも出演する。

黒柳の子供時代を演じるのは豊嶋花(10)で、成長後を誰が演じるかは未定だ。

◆生きるレジェンドの黒柳

テレビ放送が始まった昭和28年にNHK専属テレビ女優第1号となって以来、テレビとともに歩んできた黒柳徹子。

彼女はかつて、歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で長らく司会を担当していました。『ザ・ベストテン』といえば、最高41.9%の視聴率を記録したテレビ界の伝説的番組。

1976年2月にスタートし、2015年5月27日放送分をもって1万回を迎えたテレビ朝日系『徹子の部屋』。女優の黒柳徹子による同一司会者番組の最多放送回数記録で、ギネス世界記録に認定された。

◆その黒柳をモデルにした映画・ドラマは少なくない

▼『トットチャンネル』(1987)

監督:大森一樹
脚本:大森一樹
原作:黒柳徹子
ナレーター:黒柳徹子
出演:斉藤由貴、渡辺典子、髙嶋政宏、網浜直子

黒柳徹子の自伝的小説『窓ぎわのトットちゃん』の続編を、大森一樹監督&斉藤由貴コンビが映画化。

NHKが日本初のテレビ放送を開始。その専属俳優となったトットこと徹子が、失敗を重ねながら成長していく青春コメディだ。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized