女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

『ゆとりですがなにか』‼︎復習全総まとめ‼︎


番組紹介

『ゆとりですがなにか』は、2016年4月17日から6月19日まで、毎週日曜日22時30分 - 23時25分に日本テレビ系の『日曜ドラマ』枠で放送された日本のテレビドラマである。主演は岡田将生]。脚本家・宮藤官九郎のオリジナル脚本をドラマ『ぼくの魔法使い』や映画『舞妓Haaaan!!!』などでコンビを組んだ水田伸生の手でドラマ化された。「ゆとり第一世代」にあたる、アラサー世代の青年たちが、社会問題や恋愛に直面し葛藤する社会派ヒューマンドラマである。

脚本宮藤官九郎

宮藤 官九郎(くどう かんくろう、1970年7月19日 - )は、日本の脚本家、俳優、作詞家、作曲家、放送作家、映画監督、演出家、ミュージシャン、濡れ場評論家、似顔絵イラストレーター。本名、宮藤 俊一郎(くどう しゅんいちろう)。宮城県栗原市(旧栗原郡若柳町)出身。劇団大人計画所属。
愛称は「クドカン」「くんく」「クン」。及川光博からは「カンクちゃん」と呼ばれたことがある。
妻は振付師の八反田リコ。血液型はO型。身長176.5cm(宮藤官九郎の小部屋にて、「.5がミソです。つーかたぶん177です」と語っている)。2005年に第1子(長女)が誕生。

イントロダクション

「飲み会?それって強制参加っすか?」 「忙しくてメールチェックしてないんスよね、次からLINEでお願いしまーす」 「道分かんなくて駅からタクっちゃいました」 「うちら、ゆとりなんで」 <野心がない><競争意識がない><協調性がない> ゆとり世代…社会は彼らをそう名付けた。 2002年に行われた教育改正。完全週5日制。授業内容、時間数削減。絶対評価導入。 「ゆとり第一世代」と呼ばれる1987年生まれの彼らは今年、29歳。人生の岐路を迎える。 高校が休みの土日は塾通い。 大学3年生、就活しようとしたらリーマンショック。いきなりの就職氷河期。 入社1年目の3月に東日本大震災。 <みんな違ってみんな素敵>と教えられたはずが、気づけばここは<優勝劣敗の競争社会>!! ……果たして「ゆとり世代」は本当に「ゆとり」なのか? 「ゆとり第一世代」と社会に括られるアラサー男子3人が、 仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも懸命に立ち向かう! 笑いあり涙ありの人間ドラマが幕をあける!

キャスト紹介

坂間 正和(さかま まさかず)
演 - 岡田将生
1987年東京生まれ。郊外(東京都内の端)にある坂間酒造の次男。食品メーカー「みんみんホールディングス」に入社7年目の一般的なサラリーマンで、営業マンだが、出向を命じられ系列の居酒屋「鳥の民高円寺店」店長を勤めながら営業への復帰を目指し、第7話でエリアマネージャーに昇進する。しかし、第8話で茜にプロポーズした後に二人で連名で辞職して、最終話では坂間酒造の営業部長になる。
茜には「まーちん」、妹のゆとりには「お兄」(おにい)と呼ばれている。

山路 一豊(やまじ かずとよ)
演 - 松坂桃李
1987年福島郡山生まれ。都内の阿佐ヶ谷南小学校4年2組担任の教師で、生徒からは「やまじー」と呼ばれている。女性経験がないまま20代後半を迎えているが、男女の関係には童貞としての「長年の定点観測」による独特の思想を持ち、自分や相手がセックスによって変わってしまうと考え、それを恐れる気持ちを持つため童貞を捨てる気持ちになれないでいる。一方で自分の性欲に振り回され、性教育授業準備にかこつけてセックスがしたかった内心を自覚する。

道上 まりぶ(みちがみ まりぶ)
演 - 柳楽優弥
1987年東京生まれ。名門中学に主席合格しながらも、大学受験に失敗し11浪中。幼少期は神童と呼ばれる秀才だったが、多感な受験時期に実父・麻生が不倫に走り、兄・政伸への対抗心も手伝った受験に対する過剰なプレッシャーを受けたことで挫折した。正和たちをぼったくりのパブに案内したことで彼らと知りあった。
内縁の妻・ユカと一児の父でありながら、浮気を宣言して、正和の妹・ゆとりのアプローチを受け、既婚者であることを隠して交際する。最終話では大学受験するが、東大ではなく「東京中央大学」に合格する。

みんみんホールディングス

宮下 茜(みやした あかね)
演 - 安藤サクラ
1987年佐賀生まれ。正和と同期入社。杉並世田谷地区の店舗統括責任者で、都内で一人暮らしをしている。正和の彼女で、入社以来の7年半にわたり正和とくっついたり離れたりをくりかえす仲であり、社内では彼との関係は伏せている。故郷には父・重蔵と兄・一重がいる。
エリアマネージャーとしてだけでなく、接客の現場でも仕事は有能で、仙台支店立ち上げプロジェクトマネージャーへの栄転を打診される。結婚をして幸せになることを望んでおり、第7話で正和からプロポーズを受けた際には大喜びした。その後、父との約束で正和と一緒に会社を辞め、坂間家で同居する。

山岸 ひろむ(やまぎし ひろむ)
演 - 太賀
1993年生まれ。正和の後輩でゆとり世代ど真ん中の入社2年目。正和の説教に対しパワハラを主張して法的脅迫を含む苛烈な反撃をし、早川には「ゆとりモンスター」と呼ばれているなど相当な問題児。第2話以降では法的脅迫から正和を見下していたが、自己中心的な態度によりまりぶから恫喝を受けて以降から変化が生じ、食中毒事件の対応などを放棄して逃げ出してしまう自分を反省し、意気がるか落ち込むかの両極端に陥っていると自己分析し、やがて正和を慕うようになる。パワハラキャラを払拭できず「キャラが定まらない」ことに悩むようになり、レンタルおじさん麻生の顧客となる。

早川 道郎(はやかわ みちろう)
演 - 手塚とおる
営業課の上司。冴えない中年に見えるが実はかつて「伝説の営業マン」と呼ばれ、食中毒事件に際しての事態収拾で活躍し正和の尊敬を得る。しかし、妻子がありながら泥酔した茜の誘いに乗り、一夜だけの関係を持つ。

坂間家

坂間 ゆとり(さかま ゆとり)
演 - 島崎遥香(当時AKB48)
1995年生まれ。正和の妹で就活中の意識高い系大学生だが、失敗続きで自信を失くす。自分を変えるためにまりぶが店長を勤めるガールズバーでバイトを始め、自らアプローチしまりぶが妻子持ちと知らないまま不倫関係となるが、就活を成功させた後には次第に彼への思いが冷め、自ら別れを告げる。逮捕された彼を気遣い、何通かの手紙に「ゆとり世代」としての葛藤と、それでも次世代の人間として大人になろうとする決意をしたためて留置場に送っている。
ある顔文字に似た特徴的な顔立ちをしている。名の由来は「ゆとり世代」とは無関係。

坂間 和代(さかま かずよ)
演 - 中田喜子
正和の母。坂間酒造の主である夫を数か月前に亡くす。孫を望んでいない。

坂間 宗貴(さかま そうき)
演 - 高橋洋
正和の兄。亡くなった父の後を継いでいるが、営業などは苦手で妻のみどりには経営に向いていないと評される。

坂間 みどり(さかま みどり)
演 - 青木さやか
宗貴の妻。喫煙者で明るい性格。妊活中でそのことに悩む日々を送っていたが、第8話で妊娠が判明し、ドラマ終盤で男児を出産する。

阿佐ヶ谷南小学校

佐倉 悦子(さくら えつこ)
演 - 吉岡里帆
1994年生まれ。教育実習生として、山路のクラスにやってくる。真面目な実習生で生徒たちにも人気を得たが、問題発生に際して内心のやましさを隠すために一豊に攻撃的になったことをまりぶに指摘されている。また、大学生の静磨と交際しているにもかかわらず一豊に告白し、一旦諦めた教職を再度目指す相談のため円山と会うなど彼らを振り回す。第7話から「鳥の民」のバイトとして勤務する。最終的には一豊と交際するようになった。

太田(おおた)
演 - 小松和重
学年主任。

円山(まるやま)
演 - 加藤諒
教師。一豊とは悦子をめぐる関係もあって仲が良くなく、彼から一方的に(人畜無害な振りをして女子に近づく)「ファッション童貞」のレッテルを貼られていたが、実際は16歳で先輩の彼女を略奪して初体験している。

藤原(ふじわら)
演 - 原扶貴子
教師。

島本(しまもと)
演 - 菊池美里
教師。

鳥の民高円寺店

中森(なかもり)
演 - 矢本悠馬
バイト。

村井(むらい)
演 - 少路勇介
バイトリーダー。正和の部下だが、店舗業務に不慣れな彼など社員出身の店長に対しては実質的指導役にあたる。

その他

舎弟 / 豊臣 吉男(とよとみ よしお)
演 - 長村航希
まりぶの舎弟。金髪で自称フェミニスト。利き酒が趣味で、最終話では坂間酒造が募集した営業職の面接にやってくる。公式サイトの相関図で一貫して「舎弟」と記述されており、本名は最終話で判明する。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized