女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

朝ドラ「ひよっこ」がほっこりしておもしろい


菜々緒より上? 朝ドラで注目の“ドS女優”シシド・カフカ

菜々緒のひとり勝ち状態だった“ドSキャラ”枠に強力なライバルが出現したなあと。毎朝、注目しながら見ています」今月から東京・赤坂へ舞台を移したNHK朝ドラ「ひよっこ」。新顔の出演者がゾクゾクと投入されるなか、ひときわ異彩を放っているのが、シシド・カフカ(32)だ。有村架純(24)演じる主人公の下宿先「あかね荘」の住民のひとりで、誰彼構わずズバズバと物を言う有楽町OLを演じている。

『ひよっこ』後半戦のキーパーソンは菅野美穂!戦友の頼みで朝ドラ2作連続出演

連続テレビ小説『ひよっこ』に菅野美穂の出演が決定した。菅野の出演は『走らんか!』『ちゅらさん』『べっぴんさん』に続いて4作目となる。 菅野が演じるのは子役時代から活躍し常に第一線を走ってきた人気女優・川本世津子。世津子は客としてすずふり亭を訪ね、みね子(有村)と出会い後に、ある場所でみね子を助けたことから2人は不思議な縁で結ばれる。菅野は「何度かご一緒させて頂いている岡田惠和さんの脚本ですが今までで一番優しくてすてきなお話だと思いながら拝見していました。有村さんをはじめ魅力的なキャストの皆さんと懐の深さを感じさせてくださるスタッフの皆さんとご一緒できるのがとてもうれしいです」と喜んだ。

朝ドラで新髪形 有村架純がポニーテールで狙う脱アイドル

有村架純が今週から朝ドラ「ひよっこ」でポニーテール姿を披露しているが実はこれ、なかなか興味深い。有村演じるヒロインは高度成長期真っただ中、茨城の山奥から集団就職で上京してきた“金の卵”。だが勤め先だったラジオ工場の倒産に伴い新たに東京のど真ん中、赤坂にある洋食店「すずふり亭」でウエートレスとして働くことになり、ヘアスタイルも一新した。

4月開始の朝ドラ「ひよっこ」に追加キャスト 佐々木蔵之介や宮本信子、エレキコミックのやついいちろう、佐藤仁美、磯村勇斗、竜星涼

『ひよっこ』を支えた「和久井映見」美魔女の人心掌握術

好評な朝ドラ『ひよっこ』で有村架純演じる谷田部みね子ら乙女寮の女性工員を束ねていたのが和久井映見が演じた永井愛子だ。現実の撮影現場でも役目は同じだった。「若手女優のなかには朝ドラ初出演で委縮しているコもいる。そんななか若手女優とベテランとの橋渡し役を買って出てくれたのが和久井さん。休憩中に乙女寮の輪の中に入っていくのもその一環だ」

井ノ原快彦 朝ドラのエキストラを絶賛「ちゃんと全部に芝居が付いてる」

「あさイチ」で井ノ原快彦がNHK連続テレビ小説に登場する意外な出演者を絶賛した。井ノ原は「僕、駅のシーンが好きなんだよね」「後ろのエキストラの人達の動きがすごいんだよ」と駅の人ごみの演出にひと役買っているエキストラ俳優たちを褒め称えた。

「ひよっこ」斬新なナレーションに反響「増田明美です」

なぜ『ひよっこ』で増田明美?朝ドラ仰天キャスティングの秘密

「おはようございます。増田明美です」
こんなナレーションで放送が始まったNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。マラソン元日本代表の増田明美さんが抜擢された「サプライズ」が話題になった。起用の理由をチーフプロデューサーの菓子浩氏はこう語る。「増田明美さんのマラソン解説のファンです。聞き取りやすくきれいな声。選手の気持ちが伝わる説明。どこで仕入れた? と思ってしまうマニアックな情報。『ひよっこ』の語りは、“語り”というよりは“解説”ですから」

増田明美さん 朝ドラの語りは「並走して応援してる気持ちで」

「ひよっこ」で語りを担当する増田明美さん。物語の舞台のメインは茨城から東京へ−−。高度経済成長期真っただなか“金の卵”として奥茨城村から上京するヒロイン・谷田部みね子(有村)。東京で頑張るみね子に成長を感じ、声援を送りたくなると増田さんは言う。 「応援ナレーションになりますね。俯瞰して応援というよりもマラソンの解説のときのように夢中になっちゃう。並走して応援しているような気持ちになります。『がんばっぺ、みね子』には力が入ってしまいます」

『ひよっこ』の “変なおじさん” 峯田和伸の破天荒な素顔、ところで彼はナニモノ?

まるでビートルズのようなマッシュルームカットに一風変わったヒッピーファッション。怪しい雰囲気だけど野菜を持ってきてくれたり、なんだか優しい変な男……お前はいったい誰なんだ? NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』に有村架純演じる主人公・みね子の叔父役で出演している峯田和伸という男である。

有村架純 なぜ「オーディションなし」でヒロインに?

「当初はオーディションを開催する予定でしたが『有村が乗り気だ』という情報を聞きつけ急遽NHK側からオファーする形でヒロインが決まった。民放ドラマが軒並み視聴率獲得に苦戦する中、朝ドラは確実に数字が獲れるコンテンツ。そのため大手芸能事務所からのアプローチも多い。NHKとしても数字を持っている女優をヒロインに起用したいという思惑もあり、トントン拍子で話が進んだらしい」

「ひよっこ」桑田佳祐が主題歌を描き下ろし、新曲「若い広場」で、NHKのドラマに楽曲提供するのは今回が初

*****     物     語     *****

1964年(昭和39年)秋。東京オリンピックが目前に迫っていたが、谷田部みね子(17)は今ひとつ実感が湧かない。みね子は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村で育った。交通の便が悪いため同じ関東なのに東京は遠い世界のように思える。みね子の家は6人家族。不作の年に作った借金を返すために父は東京に出稼ぎに行っている。高校を卒業したら農家の仕事を手伝って祖父と母に楽させてあげたい…。そう思っていたみね子の人生はお正月に父が帰ってこなかったことで一変する。

「お父さんの分も働いて仕送りします。東京に行かせてください」東京に行けば、いつかきっと父に会える気がしたのだ。2人の幼なじみと一緒に集団就職で上京したみね子は墨田区の工場で働き始める。初めて見る東京は想像をはるかに超えた大都会で戸惑うことばかり。低賃金に慣れない仕事。“金の卵”を待ち受けていた現実に時々くじけそうになるが東北各地から上京してきた寮の仲間たちや舎監さんが心の支えとなっていく。しかしオリンピック後の不況のあおりを受けて会社は倒産。工場は閉鎖されてしまう。

行くあてのないみね子を拾ってくれたのは、かつて帰省した父から「おいしい」と土産話を聞かされていた赤坂の洋食屋だった。店での給仕や出前、仕込みの手伝いがみね子の仕事になった。店主とその息子の料理長そしてコックたちが家族のような存在になっていく。個性的な常連客や商店街の人々、友人や仲間たちとの泣き笑いの日々の中で、みね子はさまざまな出会いと別れを経験しながら試練を乗り越え見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。

※奥茨城村…ドラマ上の架空の村

豪華キャスト決定でコケられなくなった有村架純主演朝ドラ『ひよっこ』

<故郷編>に出演する主要キャストが明らかになった。主人公・谷田部みね子(有村)の父・実役は沢村一樹、母・美代子役は木村佳乃が演じるという豪華版だ。 言うまでもなく沢村は主役級の“大物俳優”。木村は、現在放送中の『真田丸』では、真田信繁(堺雅人)の天然系の姉・松役を好演。大物2人が有村の脇を固めるということで、がぜん注目が集まる『ひよっこ』だが裏を返せば絶対にコケられないドラマとなった。

有村架純イベントでの「やる気ゼロ」態度が大ヒンシュク!? 過去には戦争番組で半笑いも

七夕に行われた「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」にかぐや姫として出席した有村だが月面探査レース「グーグル・ルナ・エックスプライス」や宇宙に関する話に終始不機嫌な態度を崩さなかったとか。かぐや姫の格好したまでがよかっただけでトークはまったく盛り上がらず一緒に登壇した篠原ともえが一人でしゃべりまくるのみだったという。

有村架純オーディションなしで朝ドラヒロインゲットに批判の声殺到! “田舎顔”にファンは不満?

朝ドラのヒロインはこれまで、オーディションで選ばれるのが常だっただけに「ゴリ押し感が凄いな」「他の若手女優たちは納得いかないだろうな」などと批判の声が殺到しているようだ。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized