女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

やらかした芸能人の「みそぎ」を引き受けるワイドナショーが目指すものは?!


失言などで、いわゆる「干される」例も含め、何かことが起これば芸能人を表舞台から一旦退場させるというのは、これまでも繰り返し行われてきました

人気商売で稼いでいた人が、大きくイメージを毀損した後に復帰するのですから、何ごともなかったかのようにしれっと活動再開するというのも難しい

かつてもタレントが禊ぎをするテレビ番組があり、それがいまは、ワイドナショーへ移り変わっていったのだという。

「かつては『さんまのまんま』が“御用達”だったのですが、昨年9月に番組が終了しました。明石家さんまのように、司会者がうまくいじってくれる番組が選ばれ、

明石家さんまのように、司会者がうまくいじってくれる番組が選ばれ、矢口真里は宮根誠司の『ミヤネ屋』に、ベッキーは最初に中居正広の金スマに出ました。

どれも慎重に場所を選び、なんとかけじめをつけようという周到な計画に基づいて復帰が行われています。

しかし、それぞれの試みが「イメージ回復」の段階まで成功していたかというと、必ずしもそうとは言い切れません

そこにワイドナショー「禊番組」として脚光を

松本の発言が日刊スポーツ朝刊の一面記事に掲載されるなど、
この番組での模様がインターネットのニュースや
スポーツ新聞各紙の記事になることが頻繁にある

場合によっては更なるイメージダウンにもつながる賭けでしたが、それでも彼がこの番組を選び、語ったことで少なからずイメージが回復し、本格的な活動開始へのけじめになったように思える

番組開始当初は「芸能人が内輪をかばってるだけ」という評が多かったのですが、最近は渦中の芸能人が直接出演するケースが増え、けじめをつける場所として徐々に定着してきました

松本「これで私の方が少し収まるかなっていうスケベ根性はあった?」
ベッキー「…ゼロではないかも(笑い)」

ワイドナショーは成り立ちからして、従来型のワイドショーへのアンチテーゼであり、松本人志を中心に芸能人側からの反論機会を与えることを企図したもの

従来型のカメラフラッシュが点滅し怒号飛び交う記者会見が、童話「北風と太陽」でいう北風のやり方だとすれば、ワイドナショーは太陽のやり方で、視聴者の知りたい情報を引き出していく

その結果、出演者のリラックスした本音が見えてくるとともに、最後が笑いで終わることで「ここはもう笑い飛ばしていいんじゃない」というメッセージも視聴者に送る

ワイドナショーはこういった時にバッシングの対策として
スポンサーを持たないスポット広告で放送するスタイルを貫いている

出典ネットの誹謗中傷の対策するTVの姿勢

そこまで言って委員会もバッシングの対策としてこの方式を取ってます
スポンサーの顔色を伺うと何もいえませんからね

「もう笑い飛ばしてもいいんじゃない?」

ベッキー・川谷絵音出演回は、このメイン2人に加えコメンテーターとしてヒロミも出演。ゲスい興味を隠さずに聞き出そうとする東野幸治、それを「何いきなり聞いてんだ」とかばうヒロミ、そして最後には必ず笑いに持っていく松本人志。

ベッキーをなぜ実家に連れていったのか聞かれると、「ベッキーさんは行きたくないと。行ったらダメでしょって」と一度はベッキーが拒否したことを明かし、それでも「僕がホント、クズすぎて」連れていったと説明。そして、「一点の曇りもなく、そのことに関しては謝りたい」と反省していた。

どれだけ時間が経っても笑い飛ばせないようなケースもあるので話題に即した対応は必要ですが、ベッキー・川谷の両出演回についてはこの番組の特性がとても機能していた

大御所であるがゆえ叩かれにくいというポジションを使って禊の場を提供し続ける松本人志

けしは全力で各芸能人のスキャンダルをいじり、笑いに変えることで本格復帰に手を差し伸べていた
やしきたかじんはホリエモンや安倍首相まで再生している

前園と言えば、2013年10月に泥酔状態でタクシー運転手に暴行を加えた容疑で逮捕。

メディアでの活動を自粛し、また出身地である鹿児島県薩摩川内市のスポーツ大使も辞任するなど、事実上の謹慎状態となっていた。

前園に関して言えば、間違いなく松本の力によるところが大きい。「(ドリンクを見て)それ水割りでしょ」とイジり、「お酒を飲みすぎてちょっと“おイタ”をしました」と言わせて笑いを誘った。

もう前園を飲酒の件で叩く人は居ない

3月に発覚した不倫騒動以降、休業状態だった乙武洋匡氏
2016年11月27日放送の「ワイドナショー」で、9カ月ぶりに地上波テレビに復帰

1月1日(日)に2時間スペシャルで放送される『ワイドナショー 元旦SP』に、ヒロミ、ウエンツ瑛士、古市憲寿といった常連のゲストに加え、ベッキーと乙武洋匡が出演。

乙武氏の自宅でロケが敢行され、「乙武氏の今」を伝える

復帰することを心待ちにしている人もいれば、まだ早いという奴もいる。ただ、どんな芸能人にだって両方いる

芸能記者やコメンテーターとは真逆の立場から渦中の芸能人の気持ちを汲み取り、笑いに変えていく限り、芸能人の復帰場所として「ワイドナショー」の独り勝ちが続きそうな気がします。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized