女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

高岡早紀・3人の子持ちでシングルマザーでも魔性の女


WOWOWの新ドラマで山田詠美の同名小説を実写化した愛憎劇『連続ドラマW 賢者の愛』。本作の完成披露試写会が8月19日(金)に都内で開催され、主演の中山美穂をはじめ、高岡早紀、竜星涼が上映後の舞台挨拶に登壇した。

初恋の男性を親友に奪われたという憎しみ、復讐心を胸に、彼らの間に生まれた息子を、20年の歳月をかけて自分好みの男に調教していく女性の30年にわたる愛憎の行方を描き出す。

復讐のために親友と初恋の男性の息子を調教するという主人公・真由子を演じた中山は「こういう役どころは初めてだったので、原作、脚本を読んで『こういう展開の話はやったことない! ぜひやりたい!』と思いました」と振り返る。25歳年下という設定の青年・直巳を演じた竜星については「調教しがいがある竜星くんでした」とニヤリと微笑む。

結局は、この人が後々で浮気したからみぽりんが別れたんでしょ。

第1話から美尻を大胆にさらしており「まさか、こんなにお尻を見ていただくことになるとは…」と照れ笑いを浮かべていたが、「なかなか、中山美穂さんに調教される役もないので(笑)、楽しんでやらせていただきました」と笑顔を見せていた。

高岡は、同性にとっては“恐るべき”魅力を発揮し、真由子から初恋の男性を奪っていく親友の百合を不気味に好演している。「女性としては関わりたくない」という司会者の言葉に「ホントですか? (百合(高岡早紀)としては真由子(中山美穂)を)大親友と思ってて、羨ましくてしょうがなくて、大好きだから真由ちゃんのようになりたくて、こうしてる」と行動原理を説明。

壇上でも奔放なトークで高岡早紀が中山美穂に「真由ちゃんも実は百合(高岡早紀の役)のこと好きでしょ?」と迫り、中山が「ほっとけないってのはあるかも…。嫌いだけどほっとけないっていう関係は(女性同士で)あるよね?」とうなずくと、高岡が「それ私のこと言ってるでしょ(笑)?」と切り返し、会場は笑いに包まれた。竜星さんは2人のやり取りに「女子会ですか…?」とツッコミを入れつつもタジタジだった。

どう見ても高岡が中山美穂に媚び売ってる。

だって、中山美穂は80年代結構なアイドルだったもんね。80年代の歌手で聖子や明菜には、叶わないにしろ3番手が小泉今日子らへんで4番手らへんに中山美穂みたいな感じだったし。

ほんとに高岡早紀さんが中山美穂にあこがれてるような気する。

30年という長い時間を描く本作。真由子の20代の頃のシーンについて高岡は「最初の撮影シーンがまさに20代前半で、実際、20代だった頃にテレビで見ていた『中山美穂ってこう!』って姿で美穂ちゃんが出てきて衝撃的でした!」と述懐。「大丈夫でしたか…(苦笑)?」と恐る恐る尋ねる中山に「大丈夫! 美穂ちゃんって本当に中山美穂なんだ! って思いました」と独特の言い回しで太鼓判を押していた。

高岡早紀は、初めに保坂尚樹と結婚したものの子供2人を産んでのちのち離婚。2010年から内縁関係にあった青年実業家と一女をもうけましたが2013年、その男性が高岡母名義の会社を設立するものの倒産。男性が複数の知人から数千万単位のお金を借りたまま逃亡したことが報じられました。その影響は高岡にも及び、インターナショナルスクールに通う子供の学費を捻出するために、愛車のベンツを売却するほど。子供が3人いるので、シングルマザーである高岡が稼ぐしかない状況です」

高岡といえば男。報じられただけでも04年に布袋寅泰(ミュージシャン)、05年には松尾スズキ(俳優)とベンチャー企業社長。06年には中村獅童(俳優)、07年、市川海老蔵(歌舞伎役者)。09年には木田優夫(元プロ野球選手)、勝地涼(俳優)、堤真一(俳優)と、ほぼ毎年のように男の話題を多数提供してきた。

出典芸能ニュース

相手の職種もバラバラで、既婚、未婚、交際相手の有無もおかまいなしであることから、「魔性の女」と呼ばれる。

1994年には篠山紀信の撮影でヘアヌード写真集を出版し、
当時人気絶頂でヌードを公開したことで業界でも大きな話題になった。

高岡早紀は、自分の性格を
「短気で頑固。あと気まぐれな性格です」と語っている。

短気で頑固な女がヌード写真か、気まぐれな気持ちでぬいだんかな???

また物事を決める時にあまり慎重に考えず、とりあえずやってみるのだという。
その一方で家事は非常に苦手なようであり、元夫である保阪尚希は家の家事をすべてやっていたという

ものごとを慎重に考えず、とりあえず、あの男、ちょっと遊ぼうかしらになるのかな、やはり軽いのかも

保坂尚樹との離婚の原因は、高岡早紀の度重なる不倫行為だという。

ええええ?普通、男の方じゃないの?

なんでも高岡早紀は非常に移り気な性格だったため、保阪尚希自身遅かれ早かれ彼女が不倫することを覚悟していたという。

つまり保阪尚希は完全な被害者だったのだ。

2人の離婚後も高岡早紀は多くの有名人との熱愛が報じられている。

●後に元夫だった保坂さんが、離婚原因を語る

04年に彼女とミュージシャン(布袋寅泰)の不倫報道が出たとき、
僕はマレーシアにいました。

その翌日、彼女から電話がかかってきたんです。
「尚ちゃん、今から帰りの飛行機を変えられない?空港と家が
大変なことになってるの」と言われました。僕は
「そんなことできないよ」と言って、そのまま帰国しました。

そのときの率直な気持ちは、「(ついに)やってくれたな」というものでした。

彼女は移り気な性格だったので、遅かれ早かれ離婚は避けられないと思っていたんです。

夜中に帰ってきた彼女から、「離婚して」と迫られたこともありました。
そのとき、「子どもの問題はどうするの?」と尋ねてみました。
すると彼女は、「尚ちゃんに親権をあげるから」と言うんです。

不倫には驚きや怒りというより、落胆を感じました。

彼女とはテレビなどでカタチだけの夫婦を演じる関係になっていた。
ビジネスパートナーのようなもので、恋愛感情はもうなかった。

結婚するって発表したとき、2人ともバカみたいにデレデレして手をつないで、あっつあつだったのに冷めるの早いねー

元旦那は子供のことも考え、高岡早紀となかなか離婚に踏み切れなかった気持ちもあったようです。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized