女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

仁科克基のクズ二世芸人エピソード #しくじり先生


「偉大な父のお金を使いまくった、クズ2世先生」

仁科さんは「偉大な父のお金を使いまくった、クズ2世先生」として、“親が亡くなった時に、後悔しないための授業”を展開。

生年月日 1982年9月2日
出身   京都府
身長   175cm
特技   乗馬 殺陣
趣味   釣り ボディーボード ウエイクボード
日本舞踊 岩井流 岩井久次郎 襲名

■親族
父   松方弘樹(俳優)
母   仁科亜季子(女優)
妹   仁科仁美(タレント)
異母兄 目黒大樹(俳優)
異母弟 十枝真沙史(俳優)

■父方親族
祖父  近衛十四郎(俳優)
祖母  水川八重子(女優)
叔父  目黒祐樹(俳優)
義叔母 江夏夕子(女優)
従姉  近衛はな(女優)(目黒祐樹と江夏夕子の娘)

■母方親族
祖父  十代目岩井半四郎(歌舞伎俳優)
祖母  月城彰子(女優)
伯母  岩井友見(女優)
叔母  仁科幸子(女優)

父親の金で豪遊を繰り返し、友人におごった総額は5000万円に上ったという仁科さん。松方さんとは16歳の頃から完全に絶縁状態。

松方さんが亡くなるまでの19年間まったく連絡を取らず、死に目に会えなかったばかりか、息子なのに葬儀にも参列していないと明かす。

もともと親子関係は良好ではなかったと言われています。2011年に行われた多岐川華子との披露宴の際も、松方を呼ばなかったのには、仁科が母親の心情に寄り添ったからだと言われています。

芸能記者は「母子との関係が強く、父子との間には溝があった」と語っている。

父・松方弘樹の訃報はテレビで知る

今年1月21日に亡くなったが、同23日に芸能リポーターの井上公造から「松方さんが危篤になっているって本当?」と電話があり、入院する病院を訪ねたという。

2017年に父で俳優の松方弘樹さんが他界した。息子の仁科克基さんは病院で門前払いを食らったそうです。

帰ろうと思って車に乗ると、テレビの速報で2日前に亡くなっていたことを知った。「密葬もミヤネ屋で辰兄(梅宮辰夫)が話しているのを見て知りましたから」と、父の最期を何も知らなかったことを明かす。

仁科克基が「ダウンタウンDX」で父松方弘樹さんの訃報をテレビで知ったことを明かした。

理由も分からずスピード離婚(1年9カ月)

2010年に写真誌フライデーで、女優の多岐川華子との交際が報じられ、同年10月5日に婚約を発表。2011年1月11日にグアムにて挙式した。
2012年10月22日離婚が正式に成立している。

仁科によると、7月1日、多岐川が作った夕ご飯を2人で食べた後、「実家に帰る」というので、車で送っていったが、翌2日の朝、「おはよう」とメールすると、返ってきた返事は「離婚したい」だったという。

出典デイリースポーツ(2012年11月18日)

2012年11月18日に放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」で、仁科さんが離婚を決定づけた“運命の一日”について詳細に明かした。
仁科さんは離婚直後から「離婚理由が分からない」と繰り返している。

離婚理由は互いに仕事が忙しくすれ違い生活が続き、性格の不一致があったと表向きは報道されているが、本当は仁科克基の浮気が原因と言われている。

度重なる“キャバクラ通い”などの女性問題が原因と指摘する声が多い。

矢吹春奈とはキャバクラ通いがばれて破局

矢吹春奈さんはグラビアアイドル。
過去に「完売クイーン」「完売グラドル」と呼ばれ、「矢吹春奈が登場した雑誌は直ぐ売り切れた」というエピソードを持つ。

事件は1月中旬の朝、起こった。複数の関係者の話を総合すると、矢吹が克基の自宅を訪ねて部屋に入ったところ、克基と知らない女性がベッドで寝ていたという。

女性はキャバクラ嬢で、克基が前夜に“お持ち帰り”していたようだ。

矢吹をはじめ元妻との別れの原因となったキャバ通いに、「何で芸能界にいるのに、キャバクラに行くのか?」と熟女らに問われた仁科は、「僕は美しい人が好きなの」とキッパリ。

元妻の多岐川華子と「再婚したい」と告白した。

「嵐を呼ぶあぶない熟女VIII」に出演した仁科さんは再婚したいと語った。

父の盟友・梅宮辰夫と共演NG!理由が意味不明

仁科は「おやっさんと親友じゃないですか。でも僕はそんなに会っているわけじゃない。なのに僕が結婚した時にミヤネ屋を見たら『あいつは離婚すると思っていた』と言っていたんですよ。そこから気分が悪いんですよね。

2016年放送された関西テレビ「快傑えみちゃんねる」で仁科さんが告白。

芸能関係者が明かす“ホントの業界評”は厳しかった

「スキャンダルを報道するにしても、彼ではなく、お相手やその周辺の女性タレントをメインに扱いたいだけ。仁科自身を積極的に報道しようとは思わないですね」

「両親や元妻、交際相手と、周囲に有名ドコロが名を連ねており」、本人以外の話が評価ポイントになっている。

彼は10年前、一部週刊誌で『二丁目のウリセンバー勤務』という過去を報じられています。

「この報道を蒸し返されたらと思うと、彼を積極的に起用する企業は存在しないでしょう」と広告業界関係者が厳しい指摘。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized