女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

唐沢版『白い巨塔』も!「山崎豊子」原作ドラマ・映画5選


◆松嶋菜々子主演の『山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章』

『女の勲章』(2017)

脚本:浅野妙子
原作:山崎豊子
出演:松嶋菜々子、玉木宏、ミムラ、相武紗季

女優の松嶋菜々子が主演するフジテレビ系『山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章』(4月15日・16日 後9:00※2夜連続)。

戦後間もない関西で小さな洋裁教室を始めた女性、大庭式子(松嶋)が女の嫉妬が渦巻くファッション界で頂点まで上りつめる物語。

本作は多数の作品が映像化されてきた山崎豊子の同名小説が原作。山崎氏自身の出身地である大阪や、神戸・甲子園・京都などを舞台に、緻密な取材に基づき、黎明期のファッション界が描かれている。

◆骨太の社会派作品を多数生み出したベストセラー作家・山崎豊子

「山崎豊子」

(1924-2013)大阪市生れ。京都女子大学国文科卒業。毎日新聞大阪本社学芸部に勤務。その傍ら小説を書き始め、1957(昭和32)年に『暖簾』を刊行。翌年、『花のれん』により直木賞を受賞。新聞社を退社して作家生活に入る。
http://www.shinchosha.co.jp/writer/3119/

『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など著作はすべてベストセラーとなる。

本やドラマ、映画などを通し、世代を超えて多くの反響を呼ぶ作品を書き続けた作家、山崎豊子。その社会性の強いテーマや複雑に絡み合う人間模様は、徹底した取材から生まれた。

◆そんな「山崎豊子」原作のドラマ・映画5選

ドラマ

▼『大地の子』(1995)

脚本:岡崎栄
原作:山崎豊子
出演:仲代達矢、上川隆也、田中好子

原作の山崎豊子さんが原稿用紙で2200枚、残留孤児など1000人以上に取材して、8年の歳月をかけた超大作「大地の子」。

敗戦時、満州に取り残された日本人少年・松本勝男は中国人義父・陸徳志夫妻に手厚く育てられる。技術者として成人し、文化大革命の荒波を越え、実父・松本耕次との愛憎に揺れながら、日本の協力事業の華宝製鉄プラントを完成させるまでの重厚かつ感動の物語。

ドラマもまた制作開始から完成まで約4年をかけ、中国側とじっくり検討を重ねて作られた。日中共同制作といっても脚本チェックはかなり厳しかった。小説に実名で出てくる指導者の名前はすべて不可。

日本や台湾で大きな話題となったドラマ『大地の子』。このドラマには日中の素晴らしい俳優たちが出演しており、過酷で厳しいストーリーながら、出演している女性たちが物語に華を添えている。

デビューして数年しか経っていないにもかかわらず、すでにベテランの演技力を発揮した上川隆也。中国語をマスターしているかのような感情がこもった中国語セリフは、周囲の中国人もビックリしたとかしないとか。わざとらしさ皆無の演技は秀逸である。

放映当時は異例の高視聴率をマークし、多くの視聴者の感動を集め、読売新聞の「あなたが選ぶ20世紀のドラマ」ベスト1にも選ばれました。

やはり、大地の子は、ドラマ史上、傑作だ。

ドラマ『大地の子』見れば泣くとわかっているのについ見てしまう。特に第7話「兄妹」号泣。

『大地の子』で覚えてるのは、無名塾を落とされた上川隆也と仲代達矢がこのドラマで共演した際、上川の演技の素晴らしさに仲代が当時の事を謝罪したというエピソード。  #nhk

▼『白い巨塔』(2003)

脚本:井上由美子
原作:山崎豊子
出演:唐沢寿明、江口洋介、矢田亜希子、石坂浩二

医学界の知られざる実態と人間の生命の尊厳を描いた山崎豊子の代表作「白い巨塔」を、原作の持つ圧倒的なエネルギーはそのままに、舞台設定を現代に置き換え、徹底した取材をもってリアリティを追求。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized