女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

有名人・芸能人の貧乏エピソードにビックリ!!


〇メンズノンノでモデル出身で俳優になった風間トオルさんの幼少時

貧乏になってしまった始まりは彼が5歳の時。母が外に男を作って出奔し、ほどなく父も行方をくらませてしまったのだという。やむなく祖父母に引き取られた風間は、それからバイトを始める高1までの間、祖父母の年金だけが頼りだった。

出典デイリー新潮

なんであいつらは、子供を捨てたんじゃ
年金なんて、安くてくってけないよ。孫まで押し付けられてどうすんじゃ。

幼いころに両親が離婚。祖父母に引き取られた風間だったが祖父母の家は食べ物も十分に与えられないほど貧しく道端の雑草や川の水を飲んだり食べたりし飢えを凌いでいたのだそうだ

出典エキサイトニュース

川の水って、汚水だし。

〇年金っつっても、安いし最低限の食うだけの金額かもしれないから、きつかったかもね。

一家が住んだのは、川崎市内のアパート。しかし、

〈浴室はなく、洗濯機をお風呂がわりにしていたのです〉

 服を着たまま洗濯槽に入りスイッチを押す。すると、

〈服や洗濯物と一緒に体も洗えるので一石二鳥〉

出典デイリー新潮

危ないです。

風間は1962年生まれだから、これ、高度経済成長期の日本の話である。
切り傷はツバで治し、虫歯はペンチで抜く。

虫歯菌が入るので、消毒薬でしないといけないんだけどね。せめて薬草とかで(よもぎ)した方がましだったかも。虫歯ペンチは、江戸時代かよ、レベル  それとか戦争中のような状態。汗

夕食が出ない日も多かったため、育ちざかりの彼は、空腹に耐えきれない。そんな時は、公園の花や雑草を食べて飢えを凌ぐようになりました。舌が痺れる草や、苦くて無理な草もありましたが、朝露に濡れた紫のアサガオは、ほんのりと甘いのです。

まだ試食コーナーの所にいくだとか、見切り品も廃棄になったのくださいっていうのもありだと思うけど男の子だから知恵がなくて、野生人化してしまったんだな。

子供の頃、カマキリを食べていた。 俳優・風間トオル(52)

カマキリの足を、腹部の柔らかい部分は口にせず、固い脚の部分から、トゲトゲに十分な注意を払いながらかじってみました。とても堅くて苦いです。とバランスよく動物性たんぱく質を摂取する“工夫”も見せていたというのだ。

出典デイリー新潮

お腹食べないの正解でしたね。
他の部位も食べたくないけど、だいたい私とか昆虫とか食べものなんて思ってないし。

小学六年生の夏休み、毎日食べられるものはないか?と多摩川沿いの草花や生き物をくまなく調べていたら、川崎市から表彰を受けました!!

もう、訳わかんないんだけど。爆笑

(イメージ)
風間トオル君は、多摩川の草花や生き物など生態系など一生懸命研究しましたね。その功績を認め、記念品を授与し表彰致します。風間くん、おめでとう!

〇ただ、祖父母が食費がままならないから自然界で食べれるものを必死で探して研究していただけ

また、小学生の頃、体操服も買えなかったため、学年によってTシャツの襟が緑や青とか変わっていくため白いTシャツを裏返して襟部分にカラーマジックで塗って体育の授業に参加。さんまが、ばれるだろ?塗ったってわかるだろ?というと、動いてるからばれませんよ!と。ばれるってと言ってさんま大爆笑。

〇4畳に7人家族で生活―モデル・アンミカ(42)

パリコレモデルとして活躍し、今ではタレント業や化粧品プロデュースなど多岐にわたって活躍しているアンミカも幼少時代は極貧生活を経験していたという。両親と兄弟合わせて7人の家族は、韓国・済州島から大阪へ移住すると、知人宅の(2F)4畳一間の部屋を間借りして生活することを余儀なくされる。

出典エキサイトニュース

しかも無料だったそうです。

両親が片言の日本語で日本語を上手にしゃべる事も出来ず韓国人ということから中々就職でも厳しい状態が続いた。家族は貧しい暮らしの中、母親が朝の3時に子供たちを連れていく所があった。市場のゴミ箱である。

まだ、食べれるやん、みたいな。

貧乏でもお母さんがとにかく明るかったという。

廃棄されてあるキャベツ、白菜、半分くさったリンゴなど黒いゴミ袋に入れて持ち帰っていた。市場の人も初めは困り顔で呆れていたが、アンミカの母親がとても嬉しそうで子供達も楽しそうだったので、見過ごしてあげていたという。これが母親から教わったもったいない精神である。

青果市場へ行き、市場の人々が恵んでくれた残り物や傷んで売れなくなったフルーツを、おやつとして食べていたとのこと。

出典ポストセブン

やがて、ラーメン屋をオープンするまでに生活が安定するものの、ある日、お店に火災が起きてしまう。

出典エキサイトニュース

アンミカは、学校の先生から職員室に呼ばれ、自宅が火事だよと知らされる。自宅に慌てていくときょうだい達に会い、お父ちゃん?お母ちゃんは?というと、その日、ちょうど両親は結婚式に出ていて留守。丁度、両親が結婚式から帰ってきた時に両親も火事を見て呆然。

父親が、引き出物をみせ、もうこれしか無くなったな・・・

アンミカの父は、子供たちに貰った引き出物の一部の紅白饅頭の蓋をあけ紅白饅頭だ!

これで一から出直そう。今日は、0からの出発だ。出発祝いだと子供たちを笑わせた。

火事で何もかもなくなったから、お父さんたち今日、結婚式行った帰りで、紅白饅頭もらったから、これで0からの出発祝いしよー!!   前向きすぎ

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized