女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

角田信朗、松本人志へ謝罪するも「本のための売名か」と業界や世間から擁護の声なし


角田信朗の“共演NG騒動”とはなんだったのか?宣伝のための売名とも

ここ1週間、話題をさらったのが、格闘家でタレントの角田信朗が暴露したダウンタウン・松本人志との“確執騒動”だ。

8年前に番組出演オファーを断ったことから、ダウンタウン松本人志から共演NGにされていることをブログで打ち明けたK-1統括プロデューサーでタレントの角田信朗。
2017年1月23日のブログで松本さん、そして関係者らに謝罪した。

角田は今月16日、ブログでダウンタウンの番組の出演依頼を断ったのを機に8年以上、共演NGになっていることを示唆し、関係修復を呼びかけた。

過去にダウンタウンの番組でゲームのレフェリーのオファーを受けるも、K-1のミスジャッジ騒動の渦中だったため出演を辞退。そのことで松本を怒らせてしまい、それ以降、ダウンタウンの番組に全く呼ばれなくなってしまったと告白した。

正当な理由があったうえでオファーを断ったものの、行き違いから松本を怒らせてしまったと主張し、必死に和解を求めようとしていた。

これに松本は、22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で真相を告白。松本いわく「共演NGとかいう、ちっちゃい話ではない」という。

角田には芸人対抗のジャンケン企画のレフェリーを依頼したのだが、そのオファーを断られたのは収録2日前のことだったという。結局、角田の代役は見つからず企画が飛んでしまう事態に。

出演予定者だけでなく、番組や日本テレビ、吉本興業に多大な迷惑がかかった。それから1年後に「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で角田の名前を見つけたマネージャーが、角田さんを急遽番組から外したと聞かされた。「この世界のしきたり」のようなものだ、などと説明した。

その後、共演NGが続いている理由についても松本は「吉本としても会社としてもそれは無理だと。この世界でルール違反をやって、何カ月かして笑ってやっていたら、なんやねんということになる」と、自分だけの判断で共演NGになっているわけではないことを説明している。続けて、「ドタキャンだということと、8年たってブログでってなってくるというのは、ルール違反なんじゃないかなと思う」と、都合の悪い部分を伏せて、8年前のことをブログで暴露したことを非難した。

松本さんは番組で「真相」を語るとともに、「これを受け、またブログでっていうのも、正直僕はちょっともう...。これはもう会社通してやってほしいかな」と語り、角田氏にこれ以上のブログでの言及はやめてほしいと語った。

「松本氏を始め、多数の方々にご迷惑をおかけ致しました」

角田信朗の謝罪ブログに批判殺到「松本の要望は無視かよ!」

これを受ける形で角田さんは23日にブログで、「私の認識が甘く、松本氏を始め、お仕事に携わられた多数の方々にご迷惑をおかけ致しましたこと、誠に申し訳ありません。改めて謝罪致します」

「恥じるべき自己中心的な行動だったと猛省しております」

これがまたもや角田さん批判につながってしまった。

松本さんはテレビ番組で今回の騒動の「真相」を語ると共に、ブログで角田さんがこれ以上言及しないように求めていたため、今回ブログで再び騒動に言及したことに、「松本の声は無視かよ!」などと再び批判の声が多数挙がった。

角田氏の謝罪がブログで公開されると、掲示板には、
「松ちゃんがブログ上げるなって言ったのは無視かよ。会社通せや」
「屑だろ、ブログはやめてくれって言われてるのにどこまでも一方的だし」
「ブログで書かないでくれって松本言ってたのにそれを無視ってもう終わりだろ」
などといった批判が掲示板に出た。

業界からも集中砲火!直接謝罪しようにも連絡すら取れない状況か。

「大物タレントが気に入らない人を共演NGにすることは時々あるけど、そういうときは静かに謝罪の機会を待つのが得策。裏の揉めごとを世間にわざわざ広めるなんて、もってのほか。もともと角田さんは『いろいろ出演条件にうるさい人』という印象だったので、僕も関わりたくなくなった」

「松本は番組で、自身の発言を受けて角田がまたブログで何かしら書くのは勘弁してほしいと話していたが、さっそくブログで謝罪。角田にとっては正義の行動かもしれないが、松本は『会社を通じてやってほしい』という要望も出したことで、さらにイメージダウンとなってしまった」(週刊誌記者)

「結局、何がしたかったの? ということですよ。角田は格闘界からも見放されていて、仕事量は全盛期の半分以下。今回の騒動で、角田の名前を思い出した人も多かったのではないか。売名説がささやかれるのも、無理はありません」(スポーツ紙記者)

角田は、4月に著書を2冊出版するという。このままいけば、出版イベントには芸能マスコミが大挙押し寄せることが想定される。
当の角田は先手を打って、ブログで「春に出版する二冊の本のプロモーションなんかではありませんよ」と否定しているが、自分から言うところが、なんともわざとらしい。
お笑い関係者の間では「松本さんを本の宣伝に利用しやがった!」と、怒りの声も上がっている。本は売れても、角田の代償は大きそうだ。

世間も今回の騒動にあきれ気味で、「痛すぎる」「自分で傷口広げただけ」「そもそもブログに書くようなことではない」「面倒なオヤジ」と、角田を擁護する声はない。本人は納まりが悪いかもしれないが、松本だけでなく、お茶の間から“NG”を突きつけられなければいいが。

ある芸能関係者は、「ブログで謝罪するとまた角が立つ可能性がある、というのは角田さん側でも分かっていたのかもしれませんが、謝罪する場所を見つけることができなかったことと、できるだけ多くの人に謝罪したのを知ってほしいという思いがそうさせたのでしょう。また、角田さん側は今回迷惑をかけた事務所などにコンタクトを取り謝罪しようと動いていますが、相手側とは連絡すら取れない状況だと聞いています」

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized