女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

井伊直虎が見たであろう自然の風景まとめ 2017年大河ドラマ『おんな城主直虎』


当時の井伊谷の実質石高は2万5千石位

井伊家の人間の目は野性的であるがゆえに「虎の目の一族」と言われており、21代直宗(幼名:虎松)、22代直盛(幼名:虎松。虎丸とも)、直虎、24代直政(幼名:虎松)と「虎の系譜」が続いた。

「今川家分限帳」には
高二万五千石 遠州井之谷城主 伊井信濃守

井伊谷城跡は浜松駅からバス(1時間弱)神宮寺徒歩10分だよ☆

「今川家分限帳」には
高二万五千石 遠州井之谷城主 伊井信濃守

井伊谷の奥の井平は鹿狩りで有名である。
確かに井伊直親は「鹿狩りに行く」と言って城を出ては、徳川家康の家臣に会っていた。

先日NHKで放送が開始されました、大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台、浜名湖北部気賀(きが)の北にあります、井伊家発祥の地、井伊谷(いいのや)の龍潭寺(りょうたんじ)に行ってきましたので、ブログにアップしましたです。ご参考まで!ln.is/cocolog-nifty.…

やぁ、TASH,自分の職場では珍しく3連休だったよ。今年の大河ドラマの舞台となる浜松北部の井伊谷(いいのや)に行ってきたよ。ドラマ始まる前だったのに結構な人でした。これでもかっていうぐらい、主人公の直虎グッズが売ってました。去年の真田丸ぐらいヒットするといいね。
#pitchfm

井伊家は平安末期から続く名家で、鎌倉時代には御家人「日本八介の一人・井伊介」としてその名は全国に鳴り響いていた。

井伊谷宮、龍潭寺他、「井伊直虎」ゆかりの浜松を半日レンタカーで巡る smar.ws/yYRpo #スマートニュース

植田基靖社長は「井伊谷城跡や龍潭寺など点在する観光地を訪ねるには自転車が非常に便利。半日あればゆかりの地を周遊できる」と話した
料金は1日大人500円(小学生以下300円)

■拝観時間 9:00~16:30
※所要時間 40分~50分
■拝観料金 大人500円
井伊直虎をはじめ代々の井伊家を祀るお寺です。小堀遠州作の庭園は見事。佐甚五郎作と伝えられている鴬張りの廊下や龍の彫刻も見どころです。

浜松駅スタートで旅程組んでも半日もかかるのか…。 #おんな城主直虎 →井伊谷宮、龍潭寺他、「井伊直虎」ゆかりの浜松を半日レンタカーで巡る | 静岡県 guide.travel.co.jp/article/23775/

井伊氏の始祖は井伊共保とされる。
家譜によれば、藤原冬嗣六世の孫藤原共資が正暦年間(10世紀末)に遠江守に任ぜられて遠江敷知郡村櫛に来住、その子共保も長和年間(11世紀初め)に遠江守に任ぜられて井伊谷に住み、井伊氏を称した、とある。
その共保がこの井戸から生まれたという伝説がある。

井伊家の家紋はこの井戸の傍らに植えられていた【橘】に由来しているとも

お、井伊谷の井戸が映った!もう最後に訪れて5年は経つなあ…今度浜松に訪れたらのんびり観に行きたいね。

徳川・武田の遠江侵攻が始まり、幼い虎松(井伊直政)は戦乱を避けて鳳来寺に預けられました

野田城攻めの時に体調が急変した信玄は、長篠を経て、鳳来寺(峯之薬師)に逗留。秘仏の薬師観音像を出させ、「助けて下さい」と泣きながら抱きついたというのだ。

天竜区を通る飯田線沿いに「鳳来寺山」って寺がある。階段が千段以上あって登るのは一苦労なんだが、「鳳来(ほうらい)」だけに砲雷で戦うオレたちも一回お参りに行くべきかもな。

直虎探訪➄
三河・鳳来寺:直政(虎松)が預けられていたお寺。同じ景色を見ていたのかなと思いを馳せる。 pic.twitter.com/SWhEn5VrCV

■開館時間 8:30~16:30
※所要時間 15分
■入場料 大人200円

野面積みの石垣で有名な浜松城。浜松城は徳川家康の居城として知られ、家康は29歳から45歳までの17年間を浜松城で過ごしました。武田信玄と戦った「三方ヶ原の戦い」は信玄がこの城を無視したことがきっかけになっています。また江戸時代には歴代城主の多くが幕府の重役に出世したことから「出世城」と呼ばれています。

鷹狩りを満喫し一休みしていた時、直虎と虎松は徳川家康に会いに行きました。普段なら大名の家康にアポなしで会うなど絶対に出来ません。直虎は前もって情報を収集し、鷹狩りの家康はご機嫌なのでハードルも下がるとよんでいました

大河ドラマが「井伊直虎」ということで「浜松城」へ行ってきました♪ pic.twitter.com/XJz8YV6KMi

直虎でめっちゃ盛り上がってます。ぜひ浜松に来てください。 pic.twitter.com/Wur7ztl45U

天正10年(1582)6月2日、京都で明智光秀による「本能寺の変」が起きた。
この直後、家康に付き従っていた直政は「神君伊賀越え」での働きにより、孔雀の羽根でできた陣羽織(与板歴史民俗資料館蔵)を賜わっているのだが、こうした直政の活躍に安心したのであろうか、同年8月26日、直虎は死去。
墓と位牌は、自耕庵(現在の妙雲寺)にある。

同年冬、直政は元服し、「この姿をおば上(直虎)に見せたかった」と涙したと伝わる。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized