女子アナお宝ニュース【速報】

女子アナ・アイドル・芸能人2chまとめ -Women's announcer・idle treasure news-

Uncategorized

【訃報】根津甚八さん死去 69歳 吉原炎上(1987年) - 古島信輔 役


2010年に俳優を引退した根津甚八さんが29日、亡くなったことがわかった。69歳だった。

根津 甚八(ねづ じんぱち、1947年12月1日 - 2016年12月29日)は、日本の元俳優で演出家、脚本家。本名、根津 透(ねづ とおる)。山梨県都留市出身。ユマニテ所属。芸名は、真田十勇士の根津甚八に由来する

初公開:1987年6月13日 (日本)
監督:五社 英雄
上映時間:133 分
音楽:佐藤 勝
受賞:日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞
『吉原炎上』は、1987年公開の東映映画。監督は五社英雄。 また、1998年には新橋演舞場にて、映画と同じく名取裕子の主演

根津さんは2004年7月に人身事故を起こし、被害者が死亡。その後、体調が悪化するなどして、しばらく芸能活動を休養した。うつ病も併発。持病の椎間板ヘルニアも悪化したことや、右眼下直筋肥大を発症するなどして、10年に俳優を引退した。

平成13年の連続テレビ小説「ほんまもん」では、料理人を目指すヒロインの職人かたぎの父親を演じたほか、数多くの映画にも出演し、昭和57年の「さらば愛しき大地」では薬物に手を染めて転落していく男を演じ、日本アカデミー賞の主演男優賞を受賞しました。

根津さんは、平成13年ごろから目の病気を患って体調を崩し、徐々に仕事を減らしていましたが、平成16年に車を運転中に人身事故を起こしてからは表舞台から姿を消し、その後俳優業を引退していました。

所属事務所によりますと、根津さんは、29日昼ごろ、東京都内の病院で肺炎のため亡くなったということです。

根津さんは平成13年ごろに目の病気を発症、治療を続けていたが後遺症などに悩まされ、22年9月、所属事務所が俳優活動の引退を発表、演出家や脚本家として活動するとしていた。

所属事務所のホームページなどによると、根津さんは昭和22年12月1日生まれ。57年には日本アカデミー賞主演男優賞を受賞した。

 映画では黒澤明監督の「影武者」、降旗康男監督の「駅 STATION」、五社英雄監督の「吉原炎上」、原田真人監督の「金融腐蝕列島 呪縛」 などに出演。平成27年には石井隆監督の代表作「GONIN」(7年)の続編「サーガ」に一作限りで復活した。

主な作品

影武者

影武者(1980年) - 土屋宗八郎 役

『影武者』(かげむしゃ)は、1980年(昭和55年)に公開された日本映画。監督は黒澤明。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した。
黒澤作品では唯一、実在の戦国武将にまつわるエピソードを取り上げたスペクタクル巨編で、戦国時代に小泥棒が戦国武将・武田信玄の影武者として生きる運命を背負わされた悲喜劇を描く。

乱(1985年) - 一文字次郎正虎 役

『乱 』(らん)は、1985年(昭和60年)に公開された、日本とフランスの合作映画である。監督は黒澤明。
架空の戦国武将・一文字秀虎を主人公にその晩年と3人の息子との確執、兄弟同士の擾乱を描く。物語の骨格はウィリアム・シェイクスピアの悲劇『リア王』であり、毛利元就の「三本の矢」の逸話(三子教訓状)なども取り入れられている。
黒澤による監督作品としては第27作目であり、黒澤が製作した最後の時代劇となった。黒澤はこの作品を、自分の「ライフワーク」と位置づけ、また「人類への遺言」でもあるとしていた。

吉原炎上

吉原炎上(1987年) - 古島信輔 役

『吉原炎上』(よしわらえんじょう)は、1987年公開の東映映画。監督は五社英雄。 また、1998年には新橋演舞場にて、映画と同じく名取裕子の主演で舞台化もされている。そして、2007年には観月ありさ主演でテレビドラマ化された。
吉原の5人の花魁の悲喜を描いている。テレビでも複数回放映され高視聴率を記録している(テレビ朝日の日曜洋画劇場や深夜枠など)。
名取、かたせ、西川、藤ら今では考えられないような当時の有名女優の大胆なヌードシーン、特に名取と二宮のレズビアンシーンがあった事が大きな話題を呼んだ。

NHK大河ドラマ『黄金の日日』(石川五右衛門役)

石川五右衛門
演:根津甚八(少年時代:荻野尋)
助左の友人。今井家の飛脚番。日比屋の一人娘・笛(モニカ)に横恋慕し、強引に我が物にしてしまう。紆余曲折を経て一時助左の前から姿を消すが、再び姿を表した時には盗賊の頭となっていた。権力の亡者となり助左たちを弾圧しようとした秀吉を伏見城に襲撃する。根津は人気を集め出世作となった。

『黄金の日日』(おうごんのひび)は、1978年1月8日から12月24日に放送されたNHK大河ドラマ第16作。クレジット上での原作は城山三郎の同名の小説(1978年刊)、脚本は市川森一の書き下ろし(詳細は別途記述)。6代目 市川染五郎(現・松本幸四郎)主演

安土桃山時代にルソンに渡海し、貿易商を営むことで巨万の富を得た豪商・呂宋助左衛門(ドラマ内では助左または納屋助左衛門と呼ばれている)と泉州・堺の町の栄枯盛衰、今井宗薫の妻・美緒をめぐる今井宗薫と助左衛門らの争いを描いた作品である。

松本幸四郎さん 根津甚八さん悼む

29日に死去した俳優の根津甚八さん(享年69)を偲んで、俳優の松本幸四郎(74)が追悼のコメントを発表した。

 松本は1979年のNHK大河ドラマ「黄金の日日」で根津さんと共演。「NHK大河ドラマ『黄金の日日』で38年前に1年間共演しました」と当時を振り返った。

「何かその時から、今回の彼の人生の終結を予感させる共演でした」と予感めいたものがあったことを告白。「根津甚八は最後まで根津甚八を貫き通したような気がします。キラキラ、ハラハラさせる役者人生でした。合掌」と故人を偲んだ。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized